居抜き物件を借りたらまずは清掃と店舗内装の見直しを

居抜き物件を有効に使うために!まずは清掃と店舗内装の見直しを

物件を借りる

内装からオフィスデザインまで幅広い|オフィス企画
大阪の居抜き物件ならここで探せますよ!「繁盛店舗.com」

飲食店を出す際に、物件を借りるのはまず大きな仕事のひとつですよね。

どんな場所にどんな物件を借りるかということは、店のその後を左右する重要なことです。立地によってはお客さんがなかなかこないかもしれないですし、店の規模や作りも営業していく上ではとても大事なことでしょう。

物件には二種類あって、スケルトン物件というものと居抜き物件というものがあります。
スケルトンの場合、壁も天井も床もない状態で、コンクリートむき出しの状態を指します。スケルトンをかりた場合には店舗内装を一から工事しなければいけません。

一方、居抜き物件の場合、前の持ち主が使っていた店舗内装や設備がそのまま残っています。物件によって、何が残っているかというのはちがいますが、天井や床、壁などの店舗内装だけでなく、厨房機器なんかもそのまま残っていることもあります。

ですから、居抜き物件のほうが、初期工事費用が安く済みますね。工事期間も短くて済むので、その分の家賃も浮きます。
費用が抑えられるため、居抜き物件で物件を探すという人はすごく多いんです。
でも、居抜きであっても、店舗内装はやはり自分の好みの感じに作りなおしたほうがいいでしょうし、清掃業者をいれてしっかりした清掃が必要でしょう。いくら居抜きとはいえ、そのままの状態ですぐに営業を始めるというのはなかなか難しいと思われます。

特に前にあった店の使用状況によっては、かなり大掛かりな清掃が必要なことも多いですね。

居抜き物件を借りて、その物件で自分の理想の店舗を作るためには、まずはしっかりした清掃作業と、そのあとで店舗内装の見直しを検討すべきでしょう。

カレンダー
2014年4月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930